石木花 オンラインストア

両刃芽切鋏Double-edged Buds cut Scissors

両刃芽切鋏|山広作


(道具として、あまりに美しい造形。)

全鋼製の両刃芽切鋏です。この鋏は刃先が細く尖がっているため込み入った枝の剪定、新芽の芽切、果樹の摘花など細かい作業に最適です。また両刃なので切断面が美しく、皮などを切り残しません。細身の剪定鋏として、盆栽はもちろん庭木や果樹の小枝を間引く作業など幅広いシチュエーションで活躍します。手元にあれば、守備範囲の広さから手軽な剪定鋏として活躍してくれるでしょう。


(女性でも扱いやすい、比較的コンパクトなサイズ感もこの鋏の魅力です。)

「山形打刃物」手打ち、手研磨へのこだわり。

この鋏は手打ち手研磨により作られています。似た形状の鋏は数多く存在しますが、多くは機械研磨による量産の鋏。この鋏を造る工房にも機械研磨機はありますが、工房の隅で眠り続けています。「機械研磨の研ぎ跡が気に食わない。だから使わない。」と作り手の職人は一言。そしてこの工房では鋏の命と言える刃の裏面にひねり加工を加えることで、切断時の接地面を最小限に調整しています。その技術によって枝を切った際の心地よい”抜けの良さ”を実現し、切れ味もより長く持続します。この独特の技法により「山形剪定鋏は切れ味が落ちない」と業界でも評されています。

ちなみに、このひねり加工は機械研磨では実現不能ですが、一見すると(素人目には)手研磨と機械研磨の差がわかりません。しかし使用すればその差は歴然とあり、まさに神は細部に宿っているのだと思い知らされます。

「道具」としての美学。



持ち手など、細部の仕上げ程度には一定の基準を満たしたうえでのラフさがあります。磨き上げることは出来ますが、それをすれば単価が上がる。あくまで道具としての使命を果たすために、あえて必要部分以外の仕上げ程度を落とし単価を下げる。「道具」であるが故の、この考え方は美しいと思います。そして、その哲学を体現したラフな造形は、むしろ美しいとさえ感じます。しかし、人それぞれの価値基準があると思いますので、この点をご了承いただいた上でのご注文をお願いいたします。


(山形県山形市には国内では数少ない鍛冶産業が残る。山形打刃物の発祥は延文元年(約六百二十年前)まで遡り、刀鍛冶の集落として栄えたことが起源。延々と受け継がれてきた技術は今も鋏造りにも活かされている。)

【使用上の注意点】
◯刃先の錆は切れ味や使用感を低下させる最大の原因です。使用後は汚れや水気をよく拭き取り保管しましょう。定期的に刃の表と裏にミシン油等を塗布し、時々カシメ部分にも塗布することで、切れ味の良さを維持できます。

全長:180mm


他の鋏を見る


錆防止・切れ味の持続に効果的な「刃物油」
販売価格 4,950円(税450円)
購入数